事業所内訓練

座学プログラム(PC訓練/ペン字・百マス計算/塗り絵/簿記)

座学プログラム

チェンジアップでは、PC・ペン字・百マス計算・塗り絵・簿記といった座学プログラムを用意しています。 これらを通して就職に向けたスキルや集中力の向上、並びに息抜きやリラックスの方法を学んでいきます。 プログラムは本人の希望や能力に合わせて作成します。職員と相談しながら、安定した就労を目指していきましょう。

【PC訓練】

日常生活並びに就職時に必要となるPCスキルの獲得に向けた訓練を行います。具体的には

  • タイピング
  • インターネットでの検索方法
  • Word・Excelの基本操作
  • PCメールの送受信 etc.

PC操作は難しい印象を受けますが、まずは“チャレンジしてみる”ことを大切にしましょう。

【ペン字・百マス計算】

チェンジアップではペン字の練習と百マス計算の時間を設けています。

文の内容がどんなに素晴らしくても、字の汚さや誤字が目立ってしまっては台無しですよね。 履歴書は特に手書きが好まれる傾向が強く、一文字一文字に丹誠を込めることで、相手に自分の想いを伝える手段として活用することもできます。

百マス計算では「2分間で何問解けるのか?」タイムアタックを行います。短時間で区切る訓練を導入することで、焦った時にでも落ち着いて作業が続けられることを目指します。

【塗り絵】

塗り絵には自律神経の乱れを改善する効果があると言われています。 人は様々なことを考え続けていると言われていますが、単純作業に没頭すると考えすぎ状態から解放されます。 また、塗り絵は訓練中だけでなく、就職後も一人で行うことのできる活動であり、リラックス方法となり得ます。

【簿記】

簿記とは、“お金やものの出入りを記録するための方法”です。 生きているかぎり、お金やものの出入りはついてまわります。お金やものの出入りという部分に着目して見てみると、今まで知っていた会社の別の面が見えてくることもあるかもしれません。

馴染みがないと、ルールや用語などとっつきにくい部分がありますが、そのルールを身近な事柄に置き換えて考えたりするなどでもイメージが掴めてくれば簿記は決して難しいものではありません。

チェンジアップでは、まず自分のお金の流れを見て簿記の形式に従って記入してみよう、というところから始めていきます。